カテゴリー 《 旭川空港 》   全10ページ

2018.02.20     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   日陰の情景


山に光が射しているが、目の前には陰が落ちてきた

全体に寒々しい絵面は、山が語っている

台湾からのA320も陰の下

なぜか薄着で飛んできたようにさえ見える

2018.02.19     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   雪国の日常


冬の旭川はスカッと晴れる日が少ないと聞く

確かに天気予報を眺めていてもそれは分かる

この日もそれらしい天気だったのでテンションは緩い

画面の下半分を雪原で埋めてみた



2018.02.16     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   空気感


山がすっきり見えないので超望遠レンズを広角に持ち替えた

雪原を逆光で狙うと南極物語を思い出す作風になる

路肩に積み上げられた雪に這い上がって撮影

滑り落ちたり踏み外して転びながら

2018.02.15     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   主無き跡


早朝から吹雪いていたが直前にこの天気

僅かな光を頼りにフレーミングするがしっくりこない

雪原にある自由な足跡でラインを敷き

対角線で構図を決めた

2018.02.14     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   青と白


日に一本のANA、セントレア便

赤や黄色が入らない唯一の機体

グッと引いた場所から望遠レンズで山を引きつける

超望遠レンズの楽しい使い方

D850 500mm

2018.02.13     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   霧氷


ファーストカットを撮り終えて油断してはいけない

上空を旋回しながら飛んでゆく旭川

追っているともう一コマ撮れることが多い

空の青と霧氷を睨みながらシャッターをきった

2018.02.12     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   しばれ


国道の温度計は-15℃を指していた

風が弱いため体感温度は耐えられるレベル

寒々しい木々を見つけて待ち受けることにした

役者はエアドゥのB767 もう少し早く上がってほしかった

2018.02.11     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   雪の光


満月の翌日、まだまだその勢いを残した月が昇った

月光に照らされた雪原に感動したので、ここで一枚撮ることにした

-18℃、長時間氷を握っているような感覚で痛みを覚える

ラフなフレーミングだったが、偶然にも光跡が収まった

D850、20mm f1.8

2017.11.26     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   短き秋


旭川、すでに積雪があって連日真冬日だと報じらている

ひと月前のような秋一色だった景色はもう無いはずだ

冬もいいがやはり秋がいい

曇天に悩まされながら、これがこの秋最後の一枚になった

2017.11.07     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   陽が落ちて


離陸を前に陽は落ちてしまった

赤い空を絡めるべく、場所を公園に移す

欲を言えばもう少し早く機首を上げてほしかった

でもなんとく空気感がいいじゃないか

2017.11.06     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   小さな錯綜


日に10便程度のトラフィック

羽田からJALはRWY34でアプローチ

しかしセントレア行きのANAがRWY16で出発準備を進めていた

急遽JALは空港の真上を通過してRWY16で降り直した、いい色を浴びて

2017.11.05     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   名木


空港から少々離れたところに立つこの白樺

おそらく地元の人には有名な一本に違いない

曇天で弱り果てた時に、この暖かい色調に目が止まった

遠くからこの木を撮っている人がいるかもしれないので、車は乗り付けない

2017.11.04     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   苦悩の一枚


これは現地に着いて一枚目の着陸シーン

RWY16、順光で撮れる場所・・・・自分の引き出しは浅い

少々荒れた感じがする一角だが、雪が積もれば使える場所かもしれない

ということで、引き出しに仕舞っておこう

2017.11.03     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   機体のレイアウト


左に転回しながらラインアップしているところ

雪山を背景に機体全体を切り取ることもできた

しかしそれでは迫力に欠ける

エンジンとロゴがフレームインしたときにシャッターをきった

2017.11.02     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   紅葉と緑


以前、木立の間に飛び込んだのはJALのB737

エアドゥのB767だとこんな感じに上がってしまうことを改めて学習

黄色い枝を選びながらフレーミング、そこへ走ってきたのが緑色のダンプカー

青や黒の車なら全く違った絵になっただろう

2017.11.01     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   冬季


今日から11月、道内はいよいよ冬モード

除雪されない山間部の道路などは5月ごろまで閉鎖される

秋の積もり始めた雪山と、春の溶け始めた雪山は全く表情が違う

この日は南風であったのが幸いしてこのような絵が撮れた

2017.10.31     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   冬の主役555


15:30ごろの撮影、この後の便は真っ暗なのでこの便がラストチャンス

まだギアが出ていない状態でこの雲、そして斜陽を浴びている姿がいい

RWY34でアプローチしてきたが、出発機(NH326)がRWY16にあったので、頭上をパスしてRWY16へ向かうところ

立ち位置が違っていたら一枚も撮れないところだったぜ

2017.10.30     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   日暈


日暈があるということは少々光が弱い証かもしれない

なんとか影も写し止めたが、やはり雪原の方が見栄えがいいものだ

この時期だからB767だたが、雪原の季節はB737に変わってしまう

影の大きさや位置は一発勝負、緊張感が楽しい

2017.10.29     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   落葉


これまでにもずいぶんと走り回った旭川

こんな樹があったことに初めて気が付いた

特別な場所でなく、車が行き交う交差点の傍にあったのだ

ちょうどイチョウが散りながらポーズをとってくれた

2017.10.28     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   曇天の風景写真


天気予報を眺めて旅程を決めるが、その通りにはならない

晴れの予報が雨の予報に変わり、結局一滴も降らなかった一日

構想を変えて立ち回る一日だった

この作品、木々が主役だが手前の畑がポイントだ

2017.10.26     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   ここだけの景色


機体を仰ぎ見ながら、背景に冬山を置く

こんな構図を撮れるのは日本ではここだけだと思う

しかも道端から撮れてしまうのだ

RWY16で山が見える日の午後、引き出しに入れておこう

2017.10.25     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   HD82


この朝、羽田を6:40に発つHD81便でやってきた

HD81便の折り返しがこのHD82便

秋色一色の山を背景に捉えた

羽田で見るよりも柔らかく見えるな

2017.10.24     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   秋のち冬


今年は紅葉が早いとは聞いていた

地元の人に聞けば確かにもう終わっていると言う

それでもまだまだ秋色は健在だった

RWY16は難易度が高いがちょっと冒険してみた

2017.09.03     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   大地の光


日没直後に到着するエアドゥ

空が橙色から藍色に変化する様もいい

かろうじて見える緑の草たちもいい

その中に光るランウェイランプもいい

2017.09.02     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   緑残る短夏


また旭川に行っているのかと思われそうだが、これは7月の作品

おなじみの牧草ロールが、目の前に、しかもこちらを向いて置かれていた

刈った牧草を輸送するためにロールにされ、牛舎では冬でも餌にありつけるもの

あれが栄養たっぷりなのが不思議でならないな、草食動物たちよ





2017.08.26     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   埋もれるB767


蕎麦とB767を切り取ろうと立ち位置を決める

まもなく羽田行きのB767がタキシングを始めようとしたとき

上空にインパクトある雲が流れ始める

急遽構想を変えて雲を主役に切り替えた

2017.08.19     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   秋空と蕎麦


絨毯のように白い風景

低空には夏の雲が漂う

しかし上空には秋を思わせる雲が流れた

いつもはトラフィックがない11時に韓国からの臨時便が到着





2017.08.18     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   冒険と現実


エアドゥ B767の上がり(離陸が早い)に賭けることにした

期待したのはこの画像の左45°の方向

つまり全く期待が外れて見苦しいものが写り込んだ

これが現実なのだ

2017.08.16     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   一本木


遠目にも気になる存在の一本木

ときに傍へ寄ってみたくなる

狭い農道なので車を置いて徒歩で向かおう

この日は最悪でも無風だったので自信をもってRWY34で待ち受けられた

2017.08.15     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   風景写真愛好家


ここで飛行機の到着を待っていると沢山の人が車を停める

大きなワゴン車から10余名の風景写真愛好家の方々が三脚を携えて降りてきた

ほとんどの方は広角レンズを装着している

その横で手持ちで望遠レンズ・・・、少々視線が痛い


プロフィール

Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp
-2017年あそ熊本空港フォトコンテスト入賞-
-2017年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2017年スターフライヤーフォトコンテストA賞受賞-
-2017年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞-


夕陽に魅せられて30余年
航空機などを絡めて哀愁をテーマに撮影しています
「飛行機情景写真」というジャンルと言ってくださる方もおられ
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております

撮影機材
Camera
 Nikon D850
  Nikon D500
 (Nikon1 V1)
  (Nikon1 D4)
  (Nikon D50) 
 (Nikon D90)
  (Nikon D700)
  (Nikon D7100)
  (NIkon P7000)
  Canon EOS 7D Mark II
  SONY α6000


Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 (AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 

カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
アクセス