カテゴリー 《 大阪空港 》   全9ページ

2017.10.06     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   ショーの幕開け


僅かな空間に姿を現した太陽

いよいよショーの幕開け、まずは羽田行きのB767がラインアップ

この後、雲底がマッカッカになる・・・・・

そんな甘い話はなかった

2017.10.05     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   面一の雲底

20170918-DSC_0835[1]
お陽さんの沈むところだけ雲が抜けている

陽が射すのは時間にしておそらく10分くらい

ショーの幕開けと思われるときに降りてきたのがこれ

遠くまで雲底がぺたんこだ

2017.09.28     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   主翼の構図


曲線美の主翼、おなじみ千里川土手の眺め

真正面から見る主翼もいいが、ここから見ても787らしい

恥ずかしながら、これは機体を追いながらシャッターを押したもの

本当は太陽をフレームに入れる構想だった

2017.09.16     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   秋雲


頭上に秋の雲が一筋引いた

その雲の流れを読みながらフレーミング

迫りくる轟音で耳で測りながらフレームに飛び込んでくる期待を待ち受ける

高度や大きさが合わないこともしばしばだが、ミートしたときは気持ちがいい

2017.09.12     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   風の姿


すっかり秋めいてきた空

下には夏の雲も残っていたが、上空には秋の雲

これが雲だけの写真だったら、単に散漫な作品にしかならない

しかし、こんな小型機がいるだけで気持ちの良い航空写真になるのが楽しい



2017.09.06     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   千里川・秋


草が刈り取られ、蚊もいなくなった千里川

夕刻を待たずに夜景狙いの猛者たちが立ち並ぶ

薄暮の空を背景にシルエットがカッコよかった

コートを着込んだ冬の情景とは違う秋の光景だ

2017.09.05     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   千里川の日常


ここは舗装されていないので自転車では走りにくい

しかし部活動の中学生などの行き来きを見かける

生活道路として便利に機能しているわけだ

リズミカルな雲を捉えて待っていると、偶然にも少年たちが立ち止まった

2017.08.29     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   燃ゆる遠景


いい色に輝いていたのはずいぶん遠くの雲

それを背景に進入してくる機体はシルエットになっていた

伊丹の上空にはこんな迫力ある雲に覆われていたから当然だ

そんな夏らしい画を収めて撤収

2017.08.28     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   苦行の成果


電装アシストの貸自転車が出払っていたが、人力自転車でもあるだけましなのでピックアップ

先週も同じパターンで変速機もついていない自転車が当たった

曽根駅から辿り着いたのは伊丹駅の傍

こんなとこまで来たのは東の空がターゲットになったから

帰りにライトを点けると光軸が随分上を向いている

「あっ、先週と同じ個体だ」

2017.08.27     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   都会の隙間


最近のビルは個性的

光が当たるとその個性が強調される

西面に露出を合わせて南側をシャドーで潰す

その隙を「スッ」と降りていくのは夏の那覇から飛んできたトリプルセブン

2017.08.22     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   よく見たら航空機がある風景


24mm角の広角レンズで梅田の顔を切り取った

肉眼で見ればB737でもはっきり判る

しかしここまで引くとB777でもこの調子

スマホではその姿を見つけるのは難しいだろう

2017.08.21     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   バリアングルモニタ


時にその地とは思えないものを撮りたくもなるものだ

新しいカメラは、液晶モニターがチルトできる

地面すれすれにカメラを据えて、上からモニターをのぞき込んで撮影

人工物を全て排除して伊丹空港らしさを抜いた


2017.08.17     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   光の道


トワイライトタイムの千里川

雲一つない空なので創意が必要だった

反射した手すりをアクセントにすることに決めて待ち受ける

時間と共に光量が足りずISO感度も限界だ

2017.07.28     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   B滑走路集中


千里川にいると、B滑走路に降りたつ大型機が楽しく

A滑走路に小型機が降りたつのにがっかりするものだ

夕方、A滑走路への到着機を待ったが、小型機の多くもB滑走路へ回されている

ようやく降りてきたのがこれ、貴重だった

2017.07.27     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   オンリーワン

20170716-500_4409[1]
ANAのB777は何機もあるが、これだけは個体を識別できる

乗ったこともあるとちょっと親近感が湧くもの

A滑走をを横切るとき、アンチコリジョンライトがシンクロした

この作品のポイントは手前の道路だ

2017.07.26     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   幻惑のファインダー


なんとも冴えない空模様だったが、まずは下河原へ車を寄せた

太陽が雲の向こうに薄っすら見えているコンディション

こんな方がいい雰囲気に撮れるもの

熱烈な太陽と暗雲に飛び込んでいく

2017.06.19     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   国内線ターミナルだった


関空が開港するまでは国内線だった北ターミナル

今はJALグループだけで占有している

いつも満車の駐車場、門限ギリギリの到着機

昭和の賑わいというのは思い出だけにしたい

2017.06.09     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   季節の変化


ひと月の差でこんなに違う

暑苦しい季節が来たことを再認識してしまうぜ

暑さを感じると音まで大きくて荒々しいことを想像してしまう

やはり暑いよりは寒いほうがいい
500_2410.jpg

2017.05.31     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   五時から少し


陽が落ちかけるころ、空港からカーシェアリングで徘徊

雲一つない空なのでなかなか構想が浮かばない

足元のなんとか言う白いのを逆光で捉える

バリアングルモニターのおかげで、仕事着で腹這いにならずに済むようになった

2017.05.30     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   千里川


超有名撮影地の千里川

SNSで位置情報を検索しても「千里川土手」などと多用されている

その千里川とはこれのこと

もう少し水量があれば水面にトリプルセブンが写ったはずだ

2017.05.22     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   タブレッター


最近、スマホやタブレットで撮影する人たちが多い

大きな画面で成果を確認できるのは楽しそうだ

もちろんこれは超高級カメラに超広角レンズを装着したホンキモードで撮影したもの

そんなホンキカメラも、液晶にタッチしたらシャッターがきれるスマホチックに変わってきた

2017.05.21     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   Route14


南風運用、Rwy14に向かう到着機

エンジンカバーに泳ぐのはイルカ

日没前のほんの一瞬

この便だけに注いだ光に燃えた



2017.05.19     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   A滑走路


小型機しか来ないA滑走路

千里川で遥か上空を通過する小型機にはギャラリーもため息すらつく

B滑走路でも同様の構図では撮れるが背景がシンプルでいいじゃないか

ちょっとマイブームのA滑走路

2017.05.16     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   視程50km


この季節にしては珍しく抜けた視程

思い切って伊丹から離れたところから狙ってみる

堺の工場地帯を前景に、スターアライアンス塗装機が伊丹へ降りていく

「なんぼなんでも飛行機が小さすぎる!」と言われそうだな

2017.05.15     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   草原と雲


「草原と雲」の組み合わせは、私のお気に入り

この雲だと、もう少し低いところを飛びぬけてほしかった

しかし、次々に上がってくるのは小型機やB767

縦構図にしても収まりきらないのが多い

2017.05.14     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   savanna


梅田の向こうに見える積乱雲がターゲット

陽炎があまりに醜く、もう超望遠レンズを封印

熱帯地方の雰囲気を醸し出す猪名川がいい

羽田行きのB787が陽炎の向こうでエアボーン

2017.05.13     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   ゆるい午後


心地良い一日で、下河原の公園は賑わっていた

千歳行きのB787が離陸しようとしていた時、後方から駐車違反のじじいが回ってきた

一台一台時間を計っては処理を進めているようだ

車から離れられないのが功を奏し、待ち受けたフレームに787が飛び込んできた

2017.05.12     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   川西という街


大阪空港と言えば、伊丹、豊中、そして池田を思い浮かべる

そのさらに北にあるのが川西市

RWY14でこそ絡む街だ

参考までに、「大阪伊丹空港」と呼ばれるが、伊丹市は兵庫県である


2017.05.11     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   神風南風


朝から南寄りの風が吹いていたが、そう簡単に運用は変わらない大阪空港

騒音対策と言われているが、年間を通じて南風運用されるのは3%程度ともいわれている

千里丘陵と離陸機のコラボを狙い続けていたが

突然「ランウェイ14レフト、クリアードフォーテイクオフ」と聞こえてきた

2017.05.10     カテゴリ: 近畿大阪空港 

   北摂望む

500_1971[1]
(前日記事の続き)
カラータイマーが点滅していたが、こんな天気では寝てもいられない

コンビニでスタミナ弁当を食して復活

新たなポイントを探してロケハンのドライブ

千里丘陵、モノレールの軌道も見える場所だ


プロフィール

Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp

-2017年スターフライヤーフォトコンテストA賞受賞-
-2017年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞-


夕陽に魅せられて30余年
航空機などを絡めて哀愁をテーマに撮影しています
「飛行機情景写真」というジャンルと言ってくださる方もおられ
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております

撮影機材
Camera
 Nikon D850
  Nikon D500
 (Nikon1 V1)
  (Nikon1 D4)
  (Nikon D50) 
 (Nikon D90)
  (Nikon D700)
  (Nikon D7100)
  (NIkon P7000)
  Canon EOS 7D Mark II
  SONY α6000


Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 (AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 

カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
アクセス