カテゴリー 《 成田空港 》   全1ページ

2016.11.26     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   大きく見えない巨体


薄い雲越しに西日が刺していた

柔らかい光に照らされながら降りてきたのは総二階建てA380

パッと見、大きく見えない迫力あるヤツ

「桜の山」では大勢のギャラリーがこれを待っていたようだ

【お礼】
今日で「航空機がある風景」は満6年、この記事で7年目に入りました
これからも更に磨きをかけて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。


2016.11.24     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   人里


一山超えればそこは別世界の成田

猟犬を連れて、銃を持ったハンターが山から出てきた

村のおばあさん「何を撮っってるの?」

私「飛行機を・・・」

婆「いろんな趣味があるもんだねえ」

と言われながらシャッターを押している





2016.11.23     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   湯水のようなジャンボ


11/20(日)、天気予報は晴を告げていた

日の出前から、すでに十余人の先客がいた

皆、夜中に忍び足で出てきたに違いない

早朝から次々とジャンボが降りてくるのはやはり圧巻だ

2016.04.18     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   回想ナリタスプリング


桜吹雪と葉桜のハラハラするコラボ

数ある枝から選び抜いた とまでは言わないまでも 選んでフレーミング

何度かフレームの外を離陸機が飛び去った

紺碧の青空は来年に期待しよう

2016.04.12     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   かわいいと言われ


世界一大きな 総二階建旅客機 エアバスA380

ジャンボとは違って遠目には大きく見えない ずんぐりデザイン

600名以上を収容できると言えばその大きさがわかるだろうか

かつてのマンモス校の修学旅行もこれ一機で片付くのだ

2016.04.11     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   SAKURA


桜で有名な空港と言えば成田

短い花の命の誕生と、天気の推移を睨みながら全国からファンがやってくる

「先週も来たんですが、まだ早すぎたので今週も来ました」

「毎年この時期には来ています」

などという強者はいっぱいいる

晴の予報にかすかな期待を抱いてきたものの、終日 かずみ空

それをなんとか誤魔化そうと、カメラの設定を触ってみた

「試しに」と構えていてジャンボが飛び込んで来るところも成田だ

2015.12.08     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   Farm NARITA


成田にこんな風景があるのも知らなかった

すでに馬の姿はなく、廃墟と化しているようだがそれはそれでよい

USA系の機体を絡めてしまえばあちらの情景に見えなくもない

奥が深いな、NARITA

596A2515.jpg


2015.12.07     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   博物館


歴史的に価値のあるものを見られるようにしてあるのが博物館

手前にある機体もなにか技術的特徴があるからここに置かれているはずだ

そして奥で飛んでいるエアバスのA380

総二階建ての巨大な飛行機

いつの日か

あれも

こちら側に

来る日が

来るだろう

2015.12.06     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   木漏れ


夏に行けば蛇などに襲われそうな原始の山あい

木々の間から朝陽が漏れ

それを野焼きの煙が浮き彫りにする

こんな風景が成田の原風景なのだろう

2015.12.05     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   闇夜で油断


夜明け前に現地へ着くように出発

空港に一番近いSAである酒々井で仮眠をとった、確かこの時点で5時頃

闇夜でロケハンはできなからぶっつけ本番の覚悟

目が覚めると空が少し明るくなっていた

「シマツタ!」

しかし腹が減ってはいけないのでコンビニにも寄った

無心なので余裕

ついでに用も足した、完璧!

それでも陽が昇る前に現地にたどり着けた

さて、どこで撮ろうかと考える間もなく、この木々に釘付け

長い一日の始まりだった





2015.12.04     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   Wind calm


タイトルの「ウインドカム」とはほぼ無風のことを指す言葉のようだ

早朝からその無風状態が続いていたが、滑走路は北風運用

レンタカーを借りてきたので、ロケハンを開始

空港周辺は物流施設やトラックが多いものの、少し離れれば昔ながらの村がある

「便所」と呼ばれる離れがある旧家もあった

ほんの一角だけだが、霧が残っているところを発見

霜が降りていたので、それが蒸発しているのか

軽自動車が離合するのも困難な道を進んだ(地元に迷惑なのでお勧めしない)

その正体は野焼きの煙

焼いていたおじさんに「写真を撮らせてください」と声をかけた

「なんの写真をとるの?」と聞くので

「飛行機を・・・」と答えたら

「よくこんなところまで来たねー、地元の人間でないと気持ち悪くて入れないだろう(笑)」

と、いうことで、無風の時に、野焼きをしていたら撮れるかもしれないカットだ







2012.11.17     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -落 葉-


ちょうど一年前の画像

晩秋の旭川からスカイマークのバーゲンチケットで飛んだ

枝ぶりは冬の装いだ

2012.04.22     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -ゴージャスな面影-

成田空港周辺には昭和の雰囲気が漂う、元ゴージャスなホテルが多いようです

例えば 東横イン

全国に画一的な雰囲気を展開しており、TVやエアコンのリモコンまで共通

ヘビーユーザーである私は、TVリモコンを見ないで操作できます

ところが、成田空港店は違います

きっと有名なホテルが倒産して買い受けたのだと思いますが、とにかくでかい

そして部屋が広い、メガネをかけないとTVが見えないほど広い

きっと全盛期は一泊二万円はしただろうと思わせるゴージャスさ



そして先日泊まったのがマロウドインターナショナル

飛行機の写真を撮られる方には有名なホテルです

ここも同じような雰囲気を感じるゴージャスな感じでしたが

いまや研修会場などとしても活用されているようで、客層はあの頃とは大きく変わっているのでしょう



格安の部屋なので、チェックインは20時、部屋からは空港が見えない

仕方が無いので、とりあえずエレベーターで最上階まで上がればこんな光景は見えました

120406.jpg


そして翌日

格安の部屋なので、朝食が付いていない

仕方が無いので、ちょっとだけレストランに入れてもらって撮ったのがこれ

お客さんが最後の一組だけだったので、お願いしてみたら快く入れてくれました


2012.04.21     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -さくの山-

120407[7]

最前線に陣取る人達

これを絡めてやろうと、道路へ降りて行く

上からの視線が痛い

「あんなところから何を撮っているのか?」

そんな好奇な視線が成功を予感させる


2012.04.14     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -続 雲と丘-

数日前にアップした画像の続き

と言っても一秒ぐらい後のショットです

丘の印象が少々変わると全く違う画になりました

ここではトイレに行く暇も無い勢いで、次々と離陸してゆきます

普段聞きなれないコールが聞こえてくれば、コンビニに弁当を買いに行くこともできず

ただただ疲れ果てるまで撮り続けた一日

なかなか楽しい場所でした
120407[4]

2012.04.13     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -白-

散漫な構図ですが、あまりの白さが捨てきれずUPします

桜も咲かず

雲もどこにおんねん

撮った瞬間から がっくりきた一枚でしたが

機体の底まで白いことに帰ってから気がつきました

白という色は、黒にも赤にも映えますが

こと飛行機に限っては やはり 青空に映えます

あまり特別塗装機に興味がありませんが、底まで白い機体は気に入りました

120407[6]

2012.04.12     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -丘の向こう-

ここで立っていると、ほとんどの子供が丘を登りたがっていました

駐車場から歩いてきた子供が、一段高い段差をよじ登り

後はご覧のように丘の向こうを目指して駆けてゆきます

もっと高度の低い便を絡めたかったのですが

残念ながらそれらしきカットはこれだけ

斜め構図ですが、地球が丸いように見えますね
120407[5]

2012.04.10     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -丘と雲-

丘と雲

美瑛の風景が代表的かもしれません

それを模して撮っては見るものの

ちょっと丘が近すぎて前ボケになります

日に数便しかない地方空港でも賭けに出ることが多いのですが

この成田は見たことも無いエアライン、しかもでかいのが次々と上がってゆきます

賭け捨て状態の実に贅沢な時間でした
120407[3]

2012.04.08     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -勇み足-

例年なら満開のはずだった成田空港

昨日(4/7)の画像です

一番熟れている木を絡めた成田らしいルフトハンザのA380

やはりA380はでかいです

LCFと同じような迫力ですが、総二階に人が乗っていると思うと違った迫力を感じます

今週半ば辺りが見頃との噂ですが、葉桜よりはつぼみの方がましだと言い聞かせて撮ってまいりました

120407[2]

2011.11.26     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -TVのイメージ-

111113 (2)

-KLMオランダ航空で行くアムステルダム10日間の旅-

昭和を生きてこられた方は記憶にあるのではないでしょうか?

確かクイズ番組で優勝商品の目録を贈呈するときに流れたナレーション

KLM=クイズ、これが私の描くKLMのイメージです



この機が着陸する頃

風車を絡めて撮影しているオランダ人がいる

想像しただけでうらやましい

風車を絡めて撮影している日本人になりたいものです

2011.11.17     カテゴリ: 東北・関東成田空港 

   -巨大な玄関-

111113[2]

この日、北海道地区の天気予報は曇り

撮影するには絶望的な予報でしたので成田へ移動

前夜、最後に撮ったスカイマークでやってきました

撮影のために訪れるのは初めてですが、レンタカーでロケハンを始めます

雑誌等で見かけるマロウドホテルなどを横目に、辿り着いたのが「さくらの山」

ギャラリーも多く、桜こそ咲いていませんが気に入りました

RW16Rの着陸を狙います

まずはウエルカムショット、すばらしい雲が迎えてくれます

111113.jpg




桜が咲いていたらどんなにすばらしいか・・・

DSC_0925.jpg




途絶えることなく、見慣れない絵柄の飛行機が降りてきます

これはもっと絞らねばなりませんでした

DSC_0933.jpg


あれがA380、初めて見ましたが思っていたほど大きくありません

それまでにB747が乱発していたからか?!、そう感覚が麻痺している

111113[4]


この公園は気に入ったので長居したんですが、せっかく車を借りているので少々移動

RW沿いを南下して「さくらの丘」に

RW16Rの上がりを狙います

111113[5]

丘越しに狙う

音を頼りにフットワークで構図を成立させる

スリルがあります

111113[1]


帰りはスカイライナーで都内へ

日暮里まで40分ほどで意外に近い成田

しかし日暮里まで¥2,400、意外に遠い成田

ここはまた訪れることができそうです


プロフィール

Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp

-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞受賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞受賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞受賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞受賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞受賞-


夕陽に魅せられて30余年
航空機などを絡めて哀愁をテーマに撮影しています
「飛行機情景写真」というジャンルと言ってくださる方もおられ
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております

撮影機材
Camera
Nikon  D4
Nikon D7100
(Nikon1 V1)
(Nikon D50) 
(Nikon D90)
(Nikon D700)
(NIkon P7000)
Canon EOS 7D Mark II
SONY α6000


Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 (AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 

カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
アクセス