カテゴリー 《 九州 》   全11ページ

2018.06.18     カテゴリ: 九州熊本空港 

   大きな小型機


羽田では見かけない小型機

伊丹では見かけるが小型機らしく見える

シルエットの雑木林から飛び出した小型機

いつもよりも大きく見えた

2018.06.12     カテゴリ: 九州熊本空港 

   梅雨入りの日


前日には九州が梅雨入りしたとの報道

つい先日まで春を感じていたがもうすぐ夏至

熊本の夕陽は滑走路の北側

神々しい空に包まれてちょっとだけ燃えた

2018.06.08     カテゴリ: 九州熊本空港 

   梅雨前線


仕事を終えて空港へ戻ってきたものの鬱陶しい空模様

全く撮る気になれない状況だったが、せっかくなので一便だけ活動

次に降りてくるのはソラシド・・・・

緑の機体であることを想像して藪を配してみた

2018.04.17     カテゴリ: 九州熊本空港 

   ところにより晴れ


高台にある熊本空港

長崎方面に光が射していて興奮した

はるか彼方にある山肌がクリアーに、近くて大きくすら見えるのだ

雨だからと諦めていたらいけない

2018.04.16     カテゴリ: 九州熊本空港 

   黄色い情景


花の色と彼方の空の色、イエロー系の空気が静かに漂っていた

ランウェイランプが点灯してラインアップ

静かだった空気が一気にテンションアップ

そこへ現れたのがこの車・・・・

黄色いからそのまま撮ることにした

2018.04.15     カテゴリ: 九州熊本空港 

   続春の嵐


数日前にアップした画像の続き

エアボーンと共にニョロニョロとベイパー

出会えそうでなかなか出会えない絵面だとおもう

桜が散ってからの寒波の夕方だった

2018.04.12     カテゴリ: 九州熊本空港 

   暗雲のためのレンズ


これを撮る直前まで200mmのズームを持っていた

狙いは右下の明るい空の部分、直前まではとても劇的だったからだ

しかし、そのゾーンのショーもあっという間に終わってしまい

急遽20mmに持ち替えて雲の厚さを写し止めた

2018.04.10     カテゴリ: 九州熊本空港 

   春の嵐


目の前には春らしい色が広がっている

青空がバックだったらとも思ったがこれはこれでいい

最近は青い空よりも黒い雲の方が燃えるぜ

彼方の長崎方面は時折陽が射して劇的だった

2018.02.10     カテゴリ: 九州熊本空港 

   役者交代


ランウェイエンドのカメラの放列が目に入らぬわけがない

期待に応えようとする気持ちが無いわけがない

ANAの到着を待たされている図だ

残念ながら両役者共に夕陽には絡まなかった

2018.02.09     カテゴリ: 九州熊本空港 

   風車の羽


俵山に並んでいた風車

いつからか羽が下ろされている

風力発電は景観にも害がないと思っているが、メンテナンスが大変そうだ

某所の風車は、ブレーキが壊れていたので強風で丸ごと落下したとか・・・

2018.02.04     カテゴリ: 九州熊本空港 

   山肌


箱庭のような美しさ

季節によって表情が変わる

天気によっても変わる

そして一日の中でも表情が変化する

この季節が、この時間が最も美しい

2018.02.03     カテゴリ: 九州熊本空港 

   どーんとボンバルディア


プロペラを止めぬように設定したSSは1/250

背後の山々がわずかに流れる程度

いつもとは違って飛行機をどーんと引き付けた

なるほど、これがピシッと決まれば楽しいことだろう

2018.02.02     カテゴリ: 九州熊本空港 

   カルデラ


熊本空港から東には阿蘇がある

カルデラでも有名な山だ

眼下に村が目に入ったのでそれを外さぬようフレーミング

地震で崩れた山肌が痛い

2018.02.01     カテゴリ: 九州熊本空港 

   新熊本


空港の北側など撮影しやすい熊本空港

俵山をバックに撮りたい気持ちを抑えて新たな場所に立ってみた

もっと早く上がると誤算していたので中途半端な構図になった

まあ初めてのことやし、今日はこれくらいにしといたる

2018.01.31     カテゴリ: 九州熊本空港 

   GOODTIMING BUT


熊本空港夕陽の季節が折り返してきた

天気とトラフィックの2つが整えば・・・・

そう期待してランウェイエンドには平日でも20名ほどが集まる

この日、トラフィックはいい時間にあった

2017.12.22     カテゴリ: 九州熊本空港 

   夜間飛行


外に出ると闇に浮かぶボンバルディアが待っていた

地面に置いたカメラで試行錯誤を繰り返す

空港関係者、乗客の視線が痛い

自分が最後の様だ

by ミラーレスα6000

2017.11.27     カテゴリ: 九州福岡空港 

   次なるロケーション


博多駅の屋上にある庭園

ここからは福岡市内を一望できるので手軽に撮影できる

特に西日を浴びて離陸するのを俯瞰気味に撮れるのがいい

おお・・・、東の山頂にはなにやら開けた場所があるではないか

2017.11.23     カテゴリ: 九州佐賀空港 

   邪馬台の夜明


数年前の記憶を頼りに、真っ暗な田んぼ道をを走った

日の出の方角を睨みながら立ち位置を決めるも、それを待たずにテイクオフ

むしろ陽が出ていない方が佐賀平野らしい絵になったと思う

学生の頃、九州へ頻繁に出かけたきっかけはこれだった
gold.jpg

2017.11.09     カテゴリ: 九州熊本空港 

   シーズン前


今月末にはたくさんの三脚が並んでいるだろう

この日、夕陽はまだはるか右側に落ちて行った

撮影者はわずか3名

みなこれでも満足した空気が漂ていた

2017.11.08     カテゴリ: 九州熊本空港 

   究極の地上レベル


プロペラ機で到着すると徒歩で降りられる

一番前に座っていたのでこの時間を最大限に使えるのだ

液晶ファインダーをチルトさせて地面スレスレノところから狙う

雲がないことと、おっさんが機首に被ったことが残念だ

2017.10.27     カテゴリ: 九州熊本空港 

   濡れ山


雨が降ると土は柔らかくなる

そんな雰囲気を醸し出していた雲と光

雨上がりの様子が表現できた一枚だ

この一枚で盆栽に通じる感覚が芽生えたのかもしれない

2017.10.22     カテゴリ: 九州熊本空港 

   白いエンジン


黒い雲があるからこそ白いエンジンが引き立つ

前にも似たようなことを書いた気がするが、やはりそうだと思った一枚

熊本には何度か行っているが、ここは初めての立ち位置

「おお」と思って立ったものの、足元には先人の跡があった

2017.10.21     カテゴリ: 九州熊本空港 

   秋雨前線


全国的に雲が多かった10月半ば

熊本に降り立てば雲海を思わせる雲が地表にいた

しっとりとした大人の風景

画像に見入っていると山火事にも見える

2017.09.29     カテゴリ: 九州熊本空港 

   山より低き雲


不気味に漂う低き雲

表情豊かな雨雲は被写体として十分な力がある

ランウェイのランプが色とりどりに輝き

タキシーランプがこちらを向いた一瞬だけがチャンスだった

2017.09.15     カテゴリ: 九州熊本空港 

   ISO3200


豪雨と事故渋滞で乗るはずだったソラシドエアに ちょっと 間に合わなかった

この後は1時間45分後の最終便

ほんの少し光が残っていたので外周道路へハンドルを切る

艶々しい情景をしっかりと切り取るために三脚を据えてじっくりと露光した

と言いたいところだが、ISO3200まで上げて手持ち撮影

カメラの性能を実感する時間帯、液晶を見るたびに感心する

そして最終便は30分の遅延

ちょっと間に合わなかった影響は、2時間15分に膨らんだ





2017.09.14     カテゴリ: 九州熊本空港 

   豪雨の合間


地下道が冠水するほどの豪雨

重い雲の高さは山頂にかかる様子からはかれるだろう

しっとりとした路面は、艶々しく照り返すライトが語る

気づきは色々とあったが、恐怖感を誘う雲の表情が主役だ

2017.08.31     カテゴリ: 九州熊本空港 

   雲上の月


満月の日、上空は雲が一面に張っていた

地上でそれを捉えることをあきらめて、右側の窓際を確保

離陸と同時に月が昇って来ていたはずだった

高度を上げて雲の上に飛び出した瞬間、期待通りの光景が飛び込んできた

2017.03.27     カテゴリ: 九州熊本空港 

   火の国山肌


震災から一年、空港内もようやく復旧したようだ

半年以上もの間ターミナル内は通り抜けができずラウンジも休業していた

B777が夕陽に向かっているシーン

背後の山と併せて力強く見えた

2017.02.07     カテゴリ: 九州熊本空港 

   エンジンの表情


太陽に向かって離陸するソラシド

エンジンの中に光が射していい表情に撮れた

「滑走路エンドでは猛烈にシャッター音が響き渡っているに違いない」

「うーーん、決まったぜ」

と機長も呟いているだろう

2017.02.06     カテゴリ: 九州熊本空港 

   揺るぎなき決意


ご覧の通り、夕陽を浴びている777

滑走路エンドには100人弱の夕陽ハンターがスタンバっているはず

この便までは力強い斜陽を切り取ろうとここで粘る

777も機長も、頬に浴びている夕陽がいい




プロフィール

Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp
-2017年あそ熊本空港フォトコンテスト入賞-
-2017年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2017年スターフライヤーフォトコンテストA賞受賞-
-2017年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞-


夕陽に魅せられて30余年
航空機などを絡めて哀愁をテーマに撮影しています
「飛行機情景写真」というジャンルと言ってくださる方もおられ
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております

撮影機材
Camera
 Nikon D850
  Nikon D500
 (Nikon1 V1)
  (Nikon1 D4)
  (Nikon D50) 
 (Nikon D90)
  (Nikon D700)
  (Nikon D7100)
  (NIkon P7000)
  Canon EOS 7D Mark II
  SONY α6000


Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 (AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 

カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
アクセス