カテゴリー 《 中国 》   全2ページ

2016.09.04     カテゴリ: 中国広島空港 

   代打で復活


過日、塗り替えを前にラストフライトと噂されていた 「顔ジェット」

B787のエンジン改修のために復活したようだ

いろんな特別塗装機があるが、個人的にはオリジナルカラーの方が撮りやすいと思っている

しかし、これだけは気に入っていた

ファインダー越しにもあの笑顔がとても微笑ましかった

地方で会うとなお親近感が湧いた

いつまで飛ぶのかわからないが、この便で羽田に向かえたのには縁を感じた

2016.09.01     カテゴリ: 中国広島空港 

   鉄の魅力


鉄橋や鉄塔、産業遺産に登録されているものも多い

広島空港からバスで移動するときに突然目の前に現れた進入灯

あのときの衝撃は忘れられないので毎回足を止める

夕陽を浴びながらRWY10で3便続いて降りてきた

2016.08.31     カテゴリ: 中国広島空港 

   リクエスト タクシー


プッシュバックを終えて手と目で合図を確認

機内からは機体を押し出し、後片付けをし、手を振って見送ってくれるだけに見えている

地上からも同じようには見えるものの、音や暑さを共有するためか全く違うものに見えてくる

この日、その作業が完了したときにドラマティックな光が差し込んでいた




2016.08.30     カテゴリ: 中国広島空港 

   橋の見える日


一度は見て見てみたかったシーン

しまなみ海道のつり橋だ

陽炎の影響でクリアーな画像ではないが・・・

以前、広島出身のCAに聞いてみたことがあった

「広島空港からしまなみ海道が見えるそうですね?」と

「いえいえ、空港から橋は見えませんよ、山の中ですから」

地元の人でもこの組み合わせは意外な組み合わせなのかも知れない

2016.04.26     カテゴリ: 中国広島空港 

   ウイングレットのチカラ


広島空港のターミナルビルは滑走路の東側にある

東側から進入した便はなるべく行きすぎないように制動をかけてターミナルに向かう

何便かを見たが、どうやらこの誘導路に入ってくる可能性が高いと見た

正対の構図ではウイングレットのチカラが出るものだ

2016.04.25     カテゴリ: 中国広島空港 

   空からのレール


結果的に中途半端な作品になってしまったが、備忘録として載せておこう

実はもう少し離れたところに立っていた

しかし、欲が出で前進してしまい構想を見失ってしまった

手前の道路はシルエットで潰そうとしたものの、それも叶わず・・・・

現場での内面はこんなものです

2016.04.20     カテゴリ: 中国広島空港 

   空へのレール


広島と言えばこの進入灯橋

羽田への出入りは東側からを基本にしているようで、事情がなければ離陸も東向き

この離陸機の直後に羽田からの着陸機があったせいか、西側で待ち受けていた頭上に現れた

夕陽に染まった脚が美しかった

2016.04.19     カテゴリ: 中国広島空港 

   森林空港


陸路で広島空港に向かうと、山深いところに位置することがわかる

周囲は 森林公園として整備されているほど緑豊かな環境

一方、機窓から見ると山の頂がすぐそばに見えるほどスリリングな航路

そんな情景をうまく絡められる公園が整備されているのが楽しい

2015.10.27     カテゴリ: 中国広島空港 

   膨らむ構想 


ここを訪れた狙いはこの発射台に魅せられたから

早朝ロケハンを開始し、早々にドキドキする光景に遭遇

しかし・・・

トラフィックは全て逆向き

それでも逆側には回らずにロケハンを続行

710_1305.jpg

とうとう陽が暮れてしまった

596A0716.jpg

2015.10.22     カテゴリ: 中国広島空港 

   発射台


これは空港の西側

羽田からの大型機は可能な限り東側から離発着しようとするようだ

にもかかわらずこれは西に向かって離陸する羽田行き

風は無風に近かった

理由は羽田からの進入機が東から迫っていたから

動きが読めない空港だぜ

2015.10.21     カテゴリ: 中国広島空港 

   難しい課題


山に囲まれた広島空港

森林公園という有名な撮影地は営業時間が夕方まで

美しい夕陽がそこにある

そこへタイミングはいいものの離陸機が・・・

2015.10.20     カテゴリ: 中国広島空港 

   秘密基地発見


空港からバスで移動したとき

木立の間から不気味な構造物が目に入った

秘密基地を見つけてしまったような感じ

羽田からの着陸機を優先するためか、どちらに向いて離陸するのかは運しだいのようだった

2015.07.10     カテゴリ: 中国広島空港 

   山のリズム


チョーあいにくの天気

稜線のリズムを見落とさないようにフレーミング

そのとき、一瞬だけ光が刺して機体に降りた

なに、わからない?

なに、それがどうした?

そっとしておいてほしい



2015.07.02     カテゴリ: 中国広島空港 

   メタリックルーフ


広島空港の裏手にある展望台

徒歩で登ってみた

あいにくの天気だったが、せっかく登ったので手ぶらでは降りられない

幸い、わずかな光がターミナルに刺していたので救われたぜ

視程が良ければ瀬戸内まで見下ろせる撮影地

地元の人でも空港からは瀬戸内は見えないと言い切るほど意外な場所だ

2015.06.17     カテゴリ: 中国広島空港 

   梅雨真っ只中


羽田から広島へ飛んだ

前日から天候調査中とのメールが飛んできていた

結局、天候によっては福岡空港か伊丹空港へ向かうことを条件にされた

「そんなとこで降ろされても・・・」とブツブツ言いながら搭乗したのだった

この機体、羽田>広島>羽田>伊丹へと飛ぶらしい

2013.08.06     カテゴリ: 中国出雲空港 

   大遷宮の頃


今年は式年遷宮

60年に一度、社殿を改修するのだという

残念ながら前回は見ることができなかった

更に次回も見ることができない予定

だから今しか見ることができないのだ

そんな出雲大社を山の向こうに想像しながら、出雲の地に立っていた

2013.05.17     カテゴリ: 中国但馬空港 

   Good night


豊岡へ辿り着いたときには23時ころだった

明日に備えて空港周辺で軽くロケハン

肉眼でもそこそこの星が目に入った

広角レンズを撮りだして三脚に据えた

今はもう飛ばないYS-11

往年の夢を見ているように

2013.05.16     カテゴリ: 中国但馬空港 

   コウノトリ空港

130504[2]
大阪伊丹空港との間を日に二便

空港内にはYS-11が展示されている

初便の到着が9:35

構内の無料駐車場に続々と車が埋まってゆく

但馬から想像するのは山深さ

着陸の様子は空よりも森を多く入れてみた
130504[1]

折り返しの出発は25分後の10:00

定員の割に、優先搭乗を利用する親子連れの姿が多い
130504.jpg

あっという間に帰って行ってしまった
130504[3]


2013.05.15     カテゴリ: 中国鳥取空港 

   哀愁と絆のある風景

130503[11]
羽田行きの離陸を収めようと、滑走路から離れて待った

全く初めての場所なので、どこでエアボーンするかもわからない

上の画、実はもっと長い望遠レンズを手前に向けていた

エンジン音は波の音にかき消されて聞こえない

ふと肉眼で見てみたら、遠くでエアボーン

危うく取り逃すところだった

いったい手前にはどんな情景が広がっていたかって?
DSC_0315[1]
空港の北側は砂浜の公園に整備されている

デイキャンプや犬の散歩をする人たちがたくさん集っていた

それを離陸機と絡めたかったのだ

羽田行きを上空に見送り、砂浜に降りてみた

すると目の前にとても幸せそうなご家族の姿が・・・

お願いしたら快く撮らせていただけた

人口が最も少ないのは統計上事実なのだろう

しかし幸せ密度が最も濃いのも鳥取県なのかもしれない
DSC_0324_20130508005026.jpg
こんな絆のある風景が鳥取空港にはある

下の「拍手」や「いいね」を押してくれるとうれしいぜ

2013.05.14     カテゴリ: 中国鳥取空港 

   因幡国

130503[9]
47都道府県で最も人口が少ないとされる鳥取県

この事実も今知ったばかりだが、未知のエリアだった

米子空港からR9で東進を続け、夕方の到着便に滑り込みセーフ

海側からの進入を想像していたが、この日は山側から入ってきた

ロケハンする間も無く、バンクをかけ進入してきた

これはこれで西日に染まって良かった
130503[10]

下の「拍手」や「いいね」を押してくれるとうれしいぜ

2013.05.13     カテゴリ: 中国米子空港 

   中海

130503[8]
鳥取県の西端にある

宍道湖の東側にもう一つの湖が中海

R9で宍道湖沿いを、R431で中海沿いを抜けてきた

あきらめていた羽田からの便が少々遅れてきたので、江島でそれを捉る

頭上を通り過ぎ、西側からの着陸

なかなか難しい・・・
130503[3]


場所を変えて離陸を狙おうとしていたら、アシアナ航空が出ることを知った

大山を絡めようとするも雲に阻まれてご覧のとおり

なかなか難しい・・・
130503[6]

順光になるようにと、南側へ移動

弓ヶ浜という砂浜

こんな大きな鳥が魚を狙って旋回
130503[4]

空港が遠いことは覚悟していたが、想定以上だった
130503[5]

この水は海水、中海ではなく日本海だ
130503[7]

下の「拍手」や「いいね」を押してくれるとうれしいぜ

2013.05.12     カテゴリ: 中国出雲空港 

   蜆(しじみ)


出雲と言えば蕎麦

宍道湖と言えば蜆

その漁を絡めて出雲らしさを切り取ってみた

船の動きが思いの外早い

側面を見せている船に狙いを定めるが、次の瞬間には真正面を向いていたりするから大変だ

下の「拍手」や「いいね」を押してくれるとうれしいぜ

2013.05.11     カテゴリ: 中国出雲空港 

   八雲立つ

130502[8]
宍道湖越しに雲が幾重にも重なる様子

それをイメージして行った

一方で宍道湖と言えば夕陽のイメージが強い

幾重にも重なる雲が焼けてくれれば最高である

石見空港からR9で東進

辿り着く寸前、滑走路と並走する道路の前方にランディングライト
DSC_4500.jpg

もう少し近寄ってみても随分機体が近い
130502[7]

130502[6]

遠くに見えるのが松江市街

鉄塔の赤白が松江のシンボルだ
130502[5]
ツーリング二泊目は、宍道湖の北側にある道の駅だった

下の「拍手」や「いいね」を押してくれるとうれしいぜ

2013.05.10     カテゴリ: 中国石見空港 

   憩う

130502[3]
折り返し便の出発

空港の周辺には公園が整備されている

朝晩のウォーキング

幼児用遊具

空港そのものよりも公園の利用者の方が多そうだ

たった一便が飛び立つときには、それを見るのが日課と化している人が地方には多い

しかし、中にはドラマティックな見送りの情景もあった


エアボーンした機体は、憩いの芝を超えて東京へ向かった
130502[4]

下の「拍手」や「いいね」を押してくれるとうれしいぜ

2013.05.09     カテゴリ: 中国石見空港 

   風と波と山に囲まれて

130502[2]

山から突き出した進入灯

エメラルドグリーンの海と岩に打ちつける白い波

そして風を感じる風車

役者が多すぎて散漫になりがちだ

天候にも恵まれ、イメージしていた石見空港とは全く違う鮮やかな画が撮れた

130502[1]

下の「拍手」や「いいね」を押してくれるとうれしいぜ

2013.05.08     カテゴリ: 中国石見空港 

   日本海ブルー


セントレアで夕陽を撮り終えて牛丼を食した

これから始まるロングツーリングに備えてスタミナが必要だった

愛知県常滑市の牛丼店から石見空港までの道のりはちょうど600km

がんばれば深夜に辿り着くことは可能だったが、岡山県に入ったところで寝床に入った

中国道は標高が高いので、早朝の冷え込みが苦痛だったが、おかげで寝過すことなく出発

浜田道経由で益田へ向かう

日に一本しかトラフィックがない石見空港

ロケハンを始めるがついつい冒険を回避して安全な場所を選びがちだ

しかし少々の追い風であれば、海側から進入してくる

仮に強い追い風でも益田市内上空を回り込むと教えてくれたのはANAのGH

山中や海岸をずいぶん走ったが、海沿いの高台に決めた

そしていよいよその時がやってきたのが今日の画

飛行機が小さい?予想以上に遠かった・・・

石見はこれが最初で最後になると思うので、もう少し引っ張る

下の「拍手」や「いいね」を押してくれるとうれしいぜ

2012.05.24     カテゴリ: 中国岩国基地 

   -景 気-



岩国基地でのスナップ

安く見積もっても一本50万円のレンズ

そんな高価なものが何百本もある航空祭

120505[2]

それに軽く見積もっても4kgはある機材

それを手持ちで追い続ける豪腕

なかなか壮観でした

120505[1]

2012.05.11     カテゴリ: 中国岡山空港 

   -備前の丘-

120503[3]

岡山

九州や四国への通過点でしかなかったところ

正直言いまして、B787が就航するまで空港の存在さえ知りませんでした

初めて訪れた岡山空港

それは想像以上に普通の光景で、ご覧の通り背後に民家が見えますが、村がありました

120503[6]

羽田行きは中型機が行き来して、それ以外にも新千歳や那覇便があります
120503[5]

この空港も周囲には公園が整備されており、賑わっておりました
120503[4]





2012.05.10     カテゴリ: 中国広島空港 

   -最終便への滑り込み-

岩国の前夜、広島空港を21時前にかすめたので寄り道

羽田行きの最終便を見送り
120503[1]

逆に羽田からの最終便が降りてきました

夜間に展望デッキからの撮影なので、広島だかどこだか判別不能ですが

今回は記録写真として

120503[2]


次回は周辺を散策したいものです





2012.05.09     カテゴリ: 中国岩国基地 

   -岩国基地フレンドシップデー-

120505_20120509010725.jpg

雲ひとつ無い晴天に恵まれた本番

前日は遠目でしか見えなかったハリアーが目の前でホバーリング

この後、展開と後退を披露

そして青空に映えるブルーインパルス
120505[3]

雲の位置を選び

左手を振りながら

右手で撮影

しっかりと応えてくれるサービス振りでした
120505[1]


プロフィール

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp

-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞受賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞受賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞受賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞受賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞受賞-


夕陽に魅せられて30余年
航空機などを絡めて哀愁をテーマに撮影しています
「飛行機情景写真」というジャンルと言ってくださる方もおられ
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております

撮影機材
Camera
Nikon  D4
Nikon D7100
(Nikon1 V1)
(Nikon D50) 
(Nikon D90)
(Nikon D700)
(NIkon P7000)
Canon EOS 7D Mark II
SONY α6000


Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 (AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 

カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
アクセス