カテゴリー 《 北海道 》   全21ページ

2020.08.09     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   ベテランの教え


歩道に植えられたラベンダー

それは車で走っていれば誰でも気が付くもの

しかし、どう見ても飛行機を絡めるのは難しい

旭川のベテランが秘技を伝授してくれた、感謝

2020.08.08     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   丘の上


新しい立ち位置を求めて足を延ばす

撮っているときよりも楽しいかも知れない

丘を登り詰めて車を停めた

この日はまだ日が高すぎた、秋にまた立ってみたい

2020.08.06     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   降水帯

Z06_0329-1[2]
日没10分前、西日が射しこんで超劇的な情景が広がる

到着機の姿が見えた時、雲の下から力強い太陽が出現

しかし・・・・・また雲の中に隠れた・・・・興奮したぜ

この折り返し便に乗って帰るのだ

Nikon Z6

2020.08.05     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   畑の輝

7R307868-1.jpg
逆光で輝く畑を撮りたい

レンズワークや立ち位置を試行錯誤

ミラーレス機のEVFなら撮る前に結果が判る

それでも風景写真家のような表現には届かない、精進すべし


2020.08.02     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   減りつつある白樺


トラフィックが少ないと嘆かれる空港

なのに到着と出発が重なることが多い

JL551の着陸を撮ったら速攻でHD82の離陸を撮る

もちろんここに移動することは決めていたが、カツカツだった

2020.08.01     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   影・芋畑


雪原を影が這う絵は迫力があって何度も撮りたくなる

遠目に見ていると昼間の便ではどこかに影が這っている

しかし、影が落ちる場所を読むのはかなり難しい

一本木にフォーカスしていたが、いいところに影も這ってきた

Nikon Z6

2020.07.30     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   一本木


そろそろこんな夏空を見たくなる季節

丘の風景は空の様子や光の射し方で一変する

晴れていれば良いというわけではないが、やはり青空は気持ちいいい

一本木と芋畑を添えて

2020.07.28     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   麦と芋


麦と芋、焼酎の話ではない

麦畑だけを切り取ると単調に感じた

立ち位置を変えて芋畑を底辺に置く

高度があるので、その間を埋める空の表情が大切だ


2020.06.08     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   構図崩壊


確かこの日は雲の流れが早かった

一度は決めた構図も数分後には崩壊する

こんな雲がやって来たら救いたくなるものだ

緑も美しい季節だった

Nikon Z6

2020.05.23     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   風の姿


今年の春は、一度も訪れられなかった旭川

減便に加えてダウンサイズ、はやる気持ちを抑えていた

地元の方から「今年は天気もキガラシもイマイチだよ」と聞かされ気持ちが安らぐ

こういう心遣いがうれしい

Nikon Z6

2020.05.09     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   束の相棒


昔と違ってレンタカーがリーズナブルな時代

独特の操作の車も多く、プリウスやFITなどは説明がなければ走り出すのもままならない

先日は某輸入車を借りてみたが、これは最高に難しく、加えてナビもさっぱり馴染めなかった

撮影の時には小回りが利く普通の車が一番だ

2020.04.29     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   幻の黄


緊急事態宣言が全国を対象にした日に書いている

5/6までは全国的に移動自粛が求められた

淡い期待でキープしていた予約をリリース

今年はこの風景を見られないようだ

2020.04.27     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   北の春色


花や雪に彩られて新緑が引き立つ季節

当時はこの後のカット、山にかかったカットが当たりだと思っていた

一年寝かせて振り返ってみると全く違うチョイスをする

凝縮した構図で新鮮だ



2020.04.23     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   丘の美


セントレアからのANAがファイナルアプローチ

直前まで手前の畑は影で覆われていた

徐々に雲が流れてなんとか畑の曲線が浮き彫りになった

飛行機が小さい?大きな問題ではない

2020.04.22     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   先取・北の春


旭川、そろそろこんな色になるだろう

費用や天気で気を揉んでいたのが実に平和だった

飛行機が小さすぎる?

これでも貴重な一便をワクワクしながら撮っているのだ

2020.03.20     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   春が来る前に


今月も予定していた渡道は断念

1月に撮ったものを見直している

500mmで撮ったものをトリミングしてある

寒くても陽炎は出ているので使えるコマは一部だ

Nikon D850



2020.02.29     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   春近シ


今日から3月と思っていたら今年は2/29があった

この背景に虎柄の機体、かなり尾翼の存在が強烈

1月の撮影だが柔らかい光と併せて今の季節感にしっくりくる

明日からこそ3月だ











2020.02.28     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   踊る影


RWY16の夜、進入灯が回転している

この影が不気味に踊り続けているのだ

その様子を静止画で表現するのは難しい

仕方がないので動画を添えてズルをする



2020.02.27     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   ウォーミングアップ


雪煙をあげてラインアップするとき

機内には離陸を示すチャイムが鳴っているだろう

山が出てきたのでここに立ったがポイントは雪煙

背後の雑木林があるからこそ雪煙が引き立っている



2020.02.18     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   厳冬


日没後しばらくしてからの絵、山もかすかに見えるコンディション

どちらに上がってきてもここで撮ろうと決めていた

地上からでは機影がみえないので音だけが頼り

あっという間にファインダーに現れた

2020.02.15     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   閉ざされたフィールド


夏場に巡れる多くも雪で閉ざされている

狐の足跡もない新雪を膝まで埋もれながら前進した

狭い青空を絡めるにはここしか思いつかなかったからだ

雲をみながらグッと広角で引いてみた

2020.02.14     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   ミルク


夏場はここはとても煩雑な状態なので冬がいい

牧場のタンクも北海道らしい

しかし全てを見せずに手前の雪でマスキング

またその手か?!





2020.02.13     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   一本木


遠くからでも存在感のある樹

一本だけなのがいい

少し傾いているように見えるのがいい

真上が航路なのがいい

2020.02.12     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   定石の前ボケ


新雪に囲まれてどこも美しい

一連の流れの中で畑の雪を絡めてみた

背景の青空も陽の当たり方もいい

そろそろワンパターン化がばれはじめている

2020.02.11     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   雪のあるタッチダウン


雪原を走る影を撮ろうと思ったら反対側へ行ってしまったJL551

そうなればタッチダウンの「グルグルを撮ろう」と教えてくれたのは、いつもお世話になっている地元の巨匠

既に一便降りた後で除雪もできているので心配した

陰の中を降りてきたが、ちょうどここで光が注いだ

Nikon D850 500mm

2020.02.10     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   北海道は暖かい


シチューのCMだっただろうか、「北海道は暖かい」と言っていた

ウッディーなリビングに薪ストーブ、ランタン風の光が柔らかく雪原に映る

そんなイメージが伝わるはずだ

キャセイのA330が間もなくラインアップする

2020.02.09     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   定番構図


旭川空港では旭岳を絡めて撮るのは定番構図

いつも見えるとは限らない山が見えれば撮りたくなるのは当然のこと

しかしその時々色々と迷うことがある

このときはさわやかな雲が張り出したことだった

2020.02.08     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   RWY16のJL555


最もフォトジェニックな時間にやって来るJL555

この日は南風なのでRWY16で降りて来る

大した構想も思い浮かばず、空港横で試行錯誤

雪原と紺碧の背景、そして機体に光が回った

2020.02.07     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   香港から旭川


旭川に飛来するチャーター機はA320が多い

この日は香港からキャセイがA330でやって来た

ここでA330を見るのは何年ぶりだろう

降りてくる姿が優雅に見える機体だ

2020.02.05     カテゴリ: 北海道旭川空港 

   冬のオリオン


頭上には無数の星が見えていた

数ある星座の中からオリオン座にフォーカス

オリオンしか分からないのだろうと思われるだろうが、冬と言えばオリオンだ

スマホのLEDを頼りに100mほど歩いたが寒さでシャットダウン、遭難するかと思ったぜ

Nikon D850 多重露光



プロフィール

Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司) Photo by LUKE H.OZAWA

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司) Photo by LUKE H.OZAWA
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp

全国に100以上ある空港を巡ろうと決めて10年
すでに離島を除いて一度は訪れましたが季節を変えて再巡中


航空機関係フォトコンテスト受賞歴
-2019年阿蘇くまもと空港フォトコンテストグランプリ-
-2019年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2018年Canon 47都道府県の魅力発見フォトコンテスト鳥取県入賞-
-2018年いわて花巻空港フォトコンテスト入選-
-2017年あそ熊本空港フォトコンテスト入賞-
-2017年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2017年スターフライヤーフォトコンテストA賞受賞-
-2017年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞-


撮影機材
Camera
 Nikon D850
 Nikon D500
 Nikon Z6

Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
 NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

OLD
(Nikon1 V1)
(Nikon D4)
(Nikon D50) 
(Nikon D90)
(Nikon D700)
(Nikon D7100)
(NIkon P7000)
(Canon EOS 7D Mark II)
(SONY α6000)

(AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
(EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM) 

月別アーカイブ
カテゴリ