カテゴリー 《 新千歳空港 》   全4ページ

2017.04.08     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   産業革命


移動手段として 馬 しかなかった時代

凡人がスピードを求めると早馬の育成に人生を費やすだろう

あの時代に車を作り出したり、飛行機を作り出した人

そんな人がこの時代にいたら、次はどんなものを発明するのだろう

という時代を語る作品だ

2017.04.04     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   花と光


一本だけ色づいた木

一旦は通り過ぎたものの一本の力に引き戻された

逆光の空と濡れた地面の反射もいい

トリプルセブンもいいところに上がってきた

2016.09.20     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   額縁の風景


行き詰まると立ち寄る場所

機体が大きく捉えるのが難しい

綺麗に刈り込まれた芝もいいが、雪のある季節もいい

いつ来てもこの木々は季節を語っている

2016.09.14     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   流れの構図


「構図の勉強になります」とお便りをいただくことがある

今日は少々偉そうに上から目線で解説しよう

この作品は雲の線が右下に集まっていることがお分かりいただけるだろうか

その先に飛行機を置いてある

ちょうど飛行機の背景だけ雲がないのは偶然だ

「上から目線の割に偶然かよ?!」

「右上のやる気のない雲を何とかしろよ」

などと聞こえてきそうだ

そんなんできたらプロになるぜ


2016.09.12     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   仲間の帰り


3羽のうち1羽は台風の頃に怪我をしていたらしい

この2羽は仲間の帰りをここで待っているとか

動物を絡めて表情がシンクロしたときはかなりうれしくなるものだ

この便で3カット撮った内の一枚

首の角度と顔の向きがいい

2016.09.11     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   秋風風来


秋は北からやってくる

今年初めて見た秋らしい空だった

雲の流れが速く、そう長くは続かず惜しかった

撮影場所は国道の歩道

画面の下にはトラックが走っている

2016.05.27     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   Imege HOKKAIDO

596A4057[1]
北海道のイメージの一つ、チーズのパッケージ

確か北海道の地図に牛をあしらったもの

北海道の地形は撮れなかったので北海道の翼で代用

もっとバランスよく攻めた作品が次回のテーマだ

2016.05.20     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   森の向こう

596A4099[2]
新千歳空港の撮影スポット、通称「ナマコン」

ここは一本道の突き当り

国道からその一本道へ入り、坂を登りきると徐々にその様子が見えてくる

沢山の車が停まっているとワクワクする

2016.02.17     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   朝一番


ちょうど朝陽が顔を出したころ

その光を受けて逆噴射

雪が少ないとはいえ氷点下8℃

朝陽の暖かさは偽物であり、芯まで冷える朝だった

2016.02.16     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   立春前の静


この枝、たしか夏には葉をつけていたはず

立春を前にエネルギー充填中のような雰囲気

穏やかな空模様だったが、芽を吹くにはまだまだ気温が低い

B737がひっそりとランディング

2016.02.13     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   ウトナイ湖


新千歳空港の南側に位置する湖、ウトナイ湖

屈指の渡り鳥の飛来湖だ

冬は湖面が氷結し、そこに白鳥が休む

そんな絵を撮りたいと思うものの、そう簡単ではなかった

実はこれ、畑の上で羽根を休める白鳥

少し首を上げるなど、白鳥らしいポーズがほしかったぜ

2016.02.12     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   腹白



青い機体のイメージが強い大韓航空

青空を背景に撮るとぼんやりしがちだが、下半分は白なのがいい

朝から何便もが雪を散らかしていった午後の滑走路

B747はその残りを散らしていった

D4S_2522.jpg

596A7838.jpg

596A7856.jpg

596A7868.jpg

2016.02.11     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   人間味



千歳空港傍のホテルに泊まった

チェックアウトしようと部屋を出たら、向かいの部屋からでてきたのは某社の副操縦士

私   「今日はどこへ行くんですか?」

副操 「羽田行ってまた千歳に戻ってくるんですよ、羽田は雪みたいで・・」

私   「やはり雪だと大変なんです?滑るとか・・」

副操 「作業が増えるので大変です」

1Fに着くと彼は「開」のボタンを押して私を先に下ろしてくれた

当然彼を背後に歩き出すこととなったが、フロントにはクルーが集合していた

10余名のCAが一斉に

「おはようございます!」

私の方に向かって挨拶してくるではないか

笑顔で返しておいた


そんな彼の乗る機体を記録しておこう

2016.02.10     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   感謝

596A7541.jpg


先日、「拍手」をお願いしたところ、沢山の反応をいただきありがとうございました

中にはコメントを添えてくださる方もいらっしゃいまして、皆さんがどのように見てくださっているのかがよくわかりました

構図や露出が参考になる
同じ撮影機材をお使いで、その使い方に興味がある
ここの作品を見て撮り方が変わった

海外から見てくださっている方
学生さん
まだ行ったことがない空港へのお招き

何度も読み返しては気分を盛り上げております


2016.02.10     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   原生林


キツネや鹿が普通に歩き

雪が積もれば足跡が残る

こんなに人間が集まる空港の近くでさえ

原生林の色に構図を持たせて待ち受けた



2016.02.09     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   日高ファーム

596A8027[1]
新千歳から襟裳方面へ向か日高は、新冠など馬で有名な街がある

それらしい情景を撮れるだろうとは思っていたが、毎回不発に終わっていた

まず馬が出ていること

そして馬の形が分かりやすいように横を向いていてくれること

最後に離陸機の大きさと場所

今回もあきらめかけたときにあの航空会社が絡んでくれた

やるな、キャセイ

2015.09.20     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   原生林


千歳と言えば生コン(生コン屋さんの傍にある有名な撮影スポット)

とりあえず行ってはみるのだが、新しい画を求めたくなってしまう

先日もそのパターンで、現場を後にした直後にジャンボのものとしか思えない轟音を車中で聞いた

やはり・・・・政府専用機

また帰ってくるだろうと思い、ロケハンを続けて原生林から飛び出してくるところを捉えた

次回は朝早いうちに訪れたい





2015.09.19     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   極東の光


緯度が高いと日中の陽射しも異国の雰囲気

影が長くて陽射しがソフトなのだ

特に秋

迎えの便まであと50分を切っているのにレンタカーを借りたまま

なかなか現場を後にできなかったが、キャセイのB773が飛び去った

2015.09.18     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   国会紛糾


霞が関が混乱

その間も訓練が続いている政府専用機

磨き上げられたB747

無心で撮りたいものだ

2015.08.14     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   赤のシンクロ


元気よく飛び立ったB737

「北海道」と描かれた機体が気に入っている

もう塗り替えられていく運命らしい

あとわずかの時間

赤いランプがカラータイマーのように見える

2015.07.21     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   目障りな脇役


空港を囲むフェンス

好んで作品に取り入れることは少ない

土地の起伏に合わせて波打つフェンス

それが西日を受けて輝いていたので今日は特別に撮ってやった

2015.07.15     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   緑の幾何学


大型重機で耕された畑

その痕跡は規則的で美しい

土地の起伏も強調されて作品にアクセントがついた

空港から離れて静かにその時を待つ

ちょっと贅沢な気持ちになれるものなのだ

2015.07.14     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   見あぐれば


滑走路の先端で空を見上げた

望遠レンズで機体を引きつけたい衝動にかられる

惚れた雲をしっかりと見渡し

勇気をもって広角レンズを装着

「せっかくのトリプルセブンなのに・・・」

そんなことを考えてはいけない

2015.07.12     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   My branch


何度か足を運ぶと定位置のようなものができてしまう

この枝もお気に入りの一本

ただし、いつもここへ来たのでは進歩しない

一方で同じ場所に何度も通ってこそとも思う



2015.07.11     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   港の畔


新千歳空港の南側にあるウトナイ湖

地上では野鳥を見るための設備があるものの、多くは立ちれない

この日は自機の影が湖を横断

しかも雲の合間をぬって現れた

2015.03.12     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   雪融け


GWを過ぎなければ春は来ないという北海道

フカフカのパウダースノーはもうないかもしれない

カチコチンの氷の塊しかないかもしれない

この写真は後者、早春の足下には気を付けたい



2015.02.25     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   ベース千歳


千歳基地に格納されている政府専用機

雪景色と絡めて撮るのがそれらしい

贅沢にもタッチアンドゴーを繰り返す日に遭遇

既に光が西側に回っていることを確認して場所を変えた

向かった先は先日のロケハンで目を付けていたところ

最初の場所で撮ったのは先日上げた画像だが、撮影中に地元の同輩が合流された

次に向かった先では、地元の同輩方多数がすでに陣取られていた

ロケハンで目を付けていたところに間違いなかったことに自信を覚えた

それと当時に定番なことに少々がっくりきた





2015.02.06     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   魅力ある機体


機体には興味が無い方だが、これだけは燃える

B747だからか?

いやちがう

政府専用機だからか?

そんな気もする

磨き上げられているからだ

正装で撮影したくなるほど美しい

2015.02.05     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   針葉樹ここに


北海道、冬になると足元が不自由になる

横断歩道で転倒して救急搬送される道民も後を絶たないらしい

私もカメラを提げたまま何度か転倒している

あれぞ正に一瞬

この作品を撮影した場所も、歩道に乗り入れるために雪の山を跨がねばならなかった

圧雪ならいいのだが、どこへ行ってもガチの氷

「おっと」

「あっぶなー」

などとブツブツ言いながら撮った作品だ




2014.12.27     カテゴリ: 北海道新千歳空港 

   彼方


硬い冬の情景

木立ち越しに自衛隊機が離陸した

遠く彼方へ飛び去る雰囲気

被写界深度を浅くして手前の木立ちに合焦


プロフィール

Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp

-2017年スターフライヤーフォトコンテストA賞受賞-
-2017年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞-


夕陽に魅せられて30余年
航空機などを絡めて哀愁をテーマに撮影しています
「飛行機情景写真」というジャンルと言ってくださる方もおられ
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております

撮影機材
Camera
 Nikon D850
  Nikon D500
 (Nikon1 V1)
  (Nikon1 D4)
  (Nikon D50) 
 (Nikon D90)
  (Nikon D700)
  (Nikon D7100)
  (NIkon P7000)
  Canon EOS 7D Mark II
  SONY α6000


Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 (AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 

カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
アクセス