カテゴリー 《 宮崎空港 》   全1ページ

2015.12.28     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   ひむか


唯一、色付いている空を背景に離陸機を待っていた

しかし、よーく見たら「ひむか」と書いてある、ソラシドに

それに見え隠れしているパームツリー

おお、ミヤジャキらしいではないか

細かいことだが、照明が点灯したのが幸運だった



2015.12.14     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   寒き南国


もしこれが青空と積乱雲だったら

ザ、ミヤジャキ

とタイトルを付しただろう

肌寒き季節でも整然と立ち続けるパームツリー

今回はロケハンだが、来年の夏にはちゃんと撮り直したるからな

2015.12.12     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   タイムスコープ


構図が中途半端なのはリベンジで取り返すとする

この構図で切り取ったものを見てほしい

宮崎県の日南地方、かつては新婚旅行のメッカらしい

この辺りの「旅館」に泊まれば、土壁の部屋で当時を忍ぶところも多い

手前に写っているのは 鬼の洗濯岩で囲まれた青島

向こうに写っているのは平成のバブルで弾けたシーガイア

望遠レンズで30余年の時間差を圧縮してみた

2014.12.22     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   肌寒き南国


宮崎空港サイドのツリー

強風にあおられてしなるツリーと流れゆく雲

滑走してくるエンジン音から飛行機の行く手を想像

現れた機体はうんと小さかった

2014.12.16     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   シーガイア


鵜戸神宮や青島を思い出すのは戦後生まれ方々

シーガイア宮崎を思い出すのはナウい世代だ

バブル絶頂期に出来て数奇な運命をたどったと聞いた

夕陽を浴びていい色に染まった宮崎

B767くらいの中型機を絡めたい

2013.12.14     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   神の山々


南国宮崎と言えば日南海岸をイメージする

昭和30年代にはハネムーンで賑わったという

確かに「旅館」と呼ばれている施設に泊まると、その面影が見て取れる

私が初めて訪れた宮崎は高千穂だった

折り重なる尾根の中に天岩戸があり

夜神楽でその雰囲気を一気に掻き立てられた

宮崎空港でロックオンしたのは山の尾根線

高千穂を重ねた

2013.01.31     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   南国ムード


このパームツリー、南国へ来たことを感じさせる重要なシンボル

どんなに寒くても、これを見れば気持ちも和む

絶対にこれを絡めて撮ろうと思っていたが、なかなか上手く絡みそうな場所が無い

街灯が一本あるものの、ここに決めた

そして飛行機と共に道路を駆けてくるのは、宮崎らしい観光バスを期待した

しかし・・・・

やって来たのはタクシー

まーまーだ

2013.01.30     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   日南快晴

130126[1]

先日、新田原航空祭の際に立ち寄った宮崎

生憎曇天だったので今回のリベンジを誓っていた

熊本を離れる決断は文句なしの天気予報だった

道中も曇天と降雪に見舞われながら南進

トンネルを抜けるたびに空が明るくなる

たどり着けばそこには予報通りの空が待っていた





秘境に突進して捕獲した荒波

地元の人から声をかけられた

「ここには良く来られるんですか?」

「ここは地元の人間でもなかなか入って来れない場所、よくわかりましたね」



執念のロケハンでたどり着いた甲斐があった

寄せては引いてゆく波と呼吸を合わせながらシャッターを切る

もはや焦点は飛行機ではなく波に・・・

欲を言えば入道雲が似合うのだろう

2012.12.07     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   -秘境 宮崎空港-

121201[3]
九州の空港で最も薄かったのが宮崎空港

新田原航空祭の予行演習が午前中で終わったため、午後からは宮崎空港へ足を延ばした

事前に地図を見て、海岸線から撮ろうと思っていた

しかしゴルフ場に阻まれて簡単に海岸線へ抜けられそうに無い

ここまで来た以上歩いてでも行ってみせる

アテンドしてくださったYさんの車で森の中を進んだ

最初は単なる未舗装路

進むにつれてゴツゴツした岩が進路を阻む

更に進めば離合不可能な狭路に

4WDへ切り替えて果敢に進む

そしてこれ以上は車で進めないところまで来た

ここで車を降りて歩くこととした

獣道とはこのことか、かろうじて見える足跡を踏みながら進む

きっと原始の時代から誰も足を踏み入れたことが無い秘境に違いない

そんな場所から宮崎空港を撮る

像しただけで足取りが軽い

木々の間から波の音が聞こえる

そしてついに森を抜けると

そこはなんと!











一般道だった










サーファーたちの車が行き交い、犬を連れた老人が歩いている

こんなアドベンチャーなロケハンを経てたどり着いたのがこれらの画像
121201[1]

東西に伸びるRW、羽田からだと東側から進入し、東側へ出てゆくのが近道だ

アクティブRWは分かっていても、結構裏切られるので難しい
121201_20121206005404.jpg

真横からの撮影なので、エアボーンポイントもまちまちだ
121201[2]
宮崎らしく夏の空と絡めたいポイント

ここを目指す諸君、遭難するんじゃないぜ

2010.12.25     カテゴリ: 九州宮崎空港 

   新田原前夜 宮崎空港

セントレアからANAで宮崎へ

意外に便数が多く、近場福岡への便もあることを知り、航路が重宝されているところであることがよくわかりました



700_9631.jpg

700_9632.jpg



プロフィール

Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp

-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞受賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞受賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞受賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞受賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞受賞-


夕陽に魅せられて30余年
航空機などを絡めて哀愁をテーマに撮影しています
「飛行機情景写真」というジャンルと言ってくださる方もおられ
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております

撮影機材
Camera
Nikon  D4
Nikon D7100
(Nikon1 V1)
(Nikon D50) 
(Nikon D90)
(Nikon D700)
(NIkon P7000)
Canon EOS 7D Mark II
SONY α6000


Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 (AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 

カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
アクセス