カテゴリー 《 関西空港 》   全1ページ

2016.11.30     カテゴリ: 近畿関西空港 

   エムデーの魅力


あのエンジンレイアウト

尾翼の付け根に相当な力が加わるだろうが、あのありさま

木の根のように、見えないところに大きく根が張りだしていることだろう

そんな不可解な構造が光を浴びて引き立っていた



2016.11.12     カテゴリ: 近畿関西空港 

   二度目の着陸


ゴーアラウンドで二度目の進入

機体はぼけているが、どう見てもジャンボだ

贅沢なショットだろう

もう少し絞り込んだ方が良かったかもしれない

2016.11.10     カテゴリ: 近畿関西空港 

   遠きランウェイ


夕刻からB滑走路に降り始めた

超望遠レンズで機影を探し、このボールの下で待ち受けた

何にもないよりは、その場所らしい画になるはずだ

このボールの模様、なんと場当たり的なカットなんだろう

2016.09.23     カテゴリ: 近畿関西空港 

   もうひとつの巨体


A380、最も大きな旅客機

深夜にバンコクを発ってすぐに夜食が出る

ようやく眠れそうだという時に明かりがついて朝食が出てくる

「そんな直ぐに食べられへんがな・・・」

一気に給仕できるのもすごいぞ





2016.09.15     カテゴリ: 近畿関西空港 

   泉南の町


久しぶりに車中で夜を明かし(明けてなかったが)てロケハン

散歩をする人で結構賑わっていた海岸に車を停めた

大型機が二便やって来るので、それを待ち受ける

ジャンボの尾翼がカッコいい

2016.05.17     カテゴリ: 近畿関西空港 

   獲物


微笑ましいシルエットの海岸

進入してきた機体とシンクロさせるべく立ち位置を調整

腕の振り方や体の向きでなどで作品が大きく変わってしまう

シルエットは外形の情報だけで、色や顔の情報が無い

だから見る人がそれを想像できる余地がある

ありゃ

あれ

ジャンボや

2015.11.11     カテゴリ: 近畿関西空港 

   グッドデザイン


絵柄には関心が無いと言いながらもルフトハンザは恰好いいと思う

そのルフトの離陸、しかもB747

対岸のりんくうタウンから連絡橋を絡めた

同じ構想で某東南アジアのエアラインも撮ってはみたが全くイメージが変わってしまう







2015.08.05     カテゴリ: 近畿関西空港 

   クレヨン調


ピーチの開放的なカラーを引き立てるように凄いのが手前に来た

何と呼ばれているかは知らない

「落書きジェット」呼ぼう

クレヨンで描いた感じがそのままで実に微笑ましい

2015.07.29     カテゴリ: 近畿関西空港 

   夕陽との対比


関西空港には沖合にもう一本の滑走路がある

そこは展望ホールからは遠く、撮影者からは敬遠されがち

この画像はトリミングしてあるが、陽の大きさと機体の大きさのバランスはちょうどいい

つまり主役からある程度離れないと成せない結果なのだ

2014.08.15     カテゴリ: 近畿関西空港 

   緊張の空気


着陸寸前のジェットスター

圧縮効果で、背後のビルがいい空気感を出してくれた

ピーンと張り出した前足と副操縦士の眼差し

最も緊張しているだろう瞬間だ





2014.07.28     カテゴリ: 近畿関西空港 

   台北の記憶


関西空港の対岸にこんなお寺があることに気が付いた

桃園空港を彷彿させる情景

そこへ夕陽を浴びながら降りてきてくれたのが復興航空

何度も立っている場所なのにまだまだ知らないことがある

明日からまた新しいものを探そう

2014.06.03     カテゴリ: 近畿関西空港 

   泉州第二滑走路


展望ホールからは、フェンスもなしに第一滑走路を目の前に望める
710_0239.jpg

遠方には第二滑走路が見えるが、ひっそりと活用されている感じ

ピーチの運用が目立つものの、ときおり大型機も降りていた

順光でも逆光でも撮れる空港

イケてるぜKIX

2014.05.13     カテゴリ: 近畿関西空港 

   宝石みたい


関空の展望ホールにはフェンスがない

当り前のように撮影しているが貴重な存在だろう

そしてこの夜景は他では味わえないはずだ

もっとアイデアと技術を駆使した作品を撮りたい

2014.05.02     カテゴリ: 近畿関西空港 

   泉州春霞


久しぶりに訪れたKIXこと関西空港

関東からの写真夫妻をアテンドしてITMから道頓堀を経てKIXへ

大阪出身の私は終日知ったかぶりの調子モノ

「キャセイのジャンボがもうすぐあそこをタキシングしてきますよ、夕陽と絡んでよさそうですね」

などといつも見慣れて飽き飽きしているような口ぶり

内心は・・・

「夕陽がええかんじやん」

「うっ、ジャンボがプッシュバックしてるやん」

「えっ、こっちくんの?」

「うおおおおおおお、きたきた」

2013.12.27     カテゴリ: 近畿関西空港 

   南港上空


大阪湾上で旋回する関空行き

ひねった瞬間に見えた4発のエンジン

夕陽が絡みそうな気配

散漫な構図だが、大阪南港を絡めることができた意外なアングル

2013.09.04     カテゴリ: 近畿関西空港 

   The KIX


KIXこと関西空港

この夏を印象付ける雲の出現を待った

しかし・・・・なかなかメキメキと上昇しない

それどころか、秋の空へと変化と遂げた

思い返せば梅雨明けの日

力強い積乱雲を見たのが最初で最後かもしれない

待ってくれ2013年夏!

KIXの象徴である連絡橋を絡めようと待っていた

そこへ降りてきたのが大韓航空

機体の下半分がホワイト

それがこの構図をまとめてくれた一因だ

2013.08.23     カテゴリ: 近畿関西空港 

   LCC島

130818[2]
関西空港第二ターミナル

ピーチが発着するLCCターミナル

ここで撮影するのは初めてだった

サンセットを対岸から撮ることも考えたが、やはり一度は寄ってみたかった

振り返れば第一ターミナル側から離陸する機がいい色に染まっていた

RW24Rに降りてくるピーチ

下に見えるのは大阪南港だろうか
D4S_6690.jpg
日没時にロケハンが終わらなかった

だから中途半端な作品に終わるかと思えば、役者が出現
130818[3]
少し勝手がわかったので、リベンジを誓う

2013.08.22     カテゴリ: 近畿関西空港 

   脇役たち


KIXこと関西空港

展望ホールなる立派な施設がある空港

冷房完備

レストラン完備

トイレ完備

売店完備

居心地が良いのでついつい惰性で撮りがちになるので注意が必要だ

明日は第二ターミナルへ行ってみよう
130818[1]

2013.04.09     カテゴリ: 近畿関西空港 

   窓枠シリーズ


機体を撮る人にはとても邪魔な窓枠

どうせ全部写ったところでトリプルセブン(失礼)

思い切って切り取ろう

意外に一歩下がって撮った方が、大きく見えるものです

2013.03.19     カテゴリ: 近畿関西空港 

   泉州の朝


ちょうど橋の半ばまでに陽がさして劇的な情景があった

おまけにルフトハンザのB747が目の前にある

もっといろんなことを試したかったが、搭乗時刻に追われてこの場を離れた

次に利用するときは一気にここまで前進することを学んだ

2012.12.03     カテゴリ: 近畿関西空港 

   -三つ指の777-


B777かB767

私は足が出ていないと違いが判らない

B777はタイヤが3つだ

もう一つ、B777だと判るものがある

エンジン音だ

「ホ・・・・・・・」と言って歩いてくるのがB777

2012.11.24     カテゴリ: 近畿関西空港 

   -重圧な天空-

121102[3]
この日は妙な空模様だった

南の空は良い色に染まり天空は曇天

そこへ大きな機体が降りてきた

関空のこのコンディションではロクヨンが標準レンズ

普通の写真に見えるがとても金がかかっている作品なのだ
121102_20121121234512.jpg

2012.11.23     カテゴリ: 近畿関西空港 

   -レンズの生立ち-

121102[2]
オレンジ色の空にシルバーの機体

意外にいける組み合わせだった

背後にいるのはUPS便

これを撮ったレンズはアメリカから空輸されてきた

伝票番号から荷物の在り処を追跡でき

それによるとUPSでアメリカから関空へ輸入されたことがわかった

ああやって到着したのだと思いながら・・・

by 600mm/F4

2012.11.16     カテゴリ: 近畿関西空港 

   -落 陽-


あの唄のような落日

肉眼で見てはファインダー越しに見る

もったいなくてしょうがない

2012.11.10     カテゴリ: 近畿関西空港 

   -泉州空港-

121103[3]
これらは11/3に開催された、ルーク・オザワ KIX PHOTO TOURでの作品

展望デッキの隣にある管理施設の屋上へ立ち入らせてもらえた

終日RW06だったので長玉一本勝負
121103[4]
見慣れない機体が新鮮だ

このエアアジアが上がったら撮影会を終わろうと言う

正にこれからと言うときに・・・
121103[2]

一度はしまった撮影機材を取り出しては名残惜しむ
121103[5]


2012.11.09     カテゴリ: 近畿関西空港 

   -泉州空港-


今回の撮影で印象に残った一枚

日中は逆光だったので、終始アンダー調で撮影していた

そこへコブのある大きな機体が横切った

厳しい天候のように見えるが、振り返ればこの通り
121103[1]

関西出身の身でありながら、関空へは数えるほどしか行った事がない

長玉を手にしてから初めての関空であったが、楽しみが増えた

121102_20121107234422.jpg
おまけにLCCターミナルも完成して、移動して撮影できるようになったのもうれしい

2012.11.08     カテゴリ: 近畿関西空港 

   -泉州空港-


久しぶりに行った関西空港

日中の陽射しは少々眠い
121103[1]

しかし夕刻が迫るにつれてドラマティックに変化し始める
121102[2]

つづく

2011.02.09     カテゴリ: 近畿関西空港 

   航空機がある風景 -関空-

昨年夏、夕涼みを兼ねて訪れた関西空港

大阪へ行くとついつい伊丹に足を運びがちです

しかし国際線が賑やかで、普段は見ない機体に会えるのは成田か関空なのでしょうね



2010.12.09     カテゴリ: 近畿関西空港 

   夜の関西空港

南風のとき、展望デッキの目前を着陸機がかすめて生きます



Nikon D700
VR 70-200 F/2.8G


プロフィール

Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)

Author:Hiroshi_Kurumagawa(車川浩司)
E-mail:krmtora@yahoo.co.jp

-2016年セントレアフォトコンテストセントレア賞受賞-
-2015年セントレアフォトコンテスト最優秀賞受賞-
-2015年ソラシドエアフォトコンテスト入賞-
-2014年セントレアフォトコンテストセントレア賞受賞-
-2013年AIR DOフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2013年セントレアフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2012年セントレアフォトコンテスト優秀賞受賞-
-2011年セントレアフォトコンテスト最優秀賞受賞-
-2010年セントレアフォトコンテスト特別賞受賞-


夕陽に魅せられて30余年
航空機などを絡めて哀愁をテーマに撮影しています
「飛行機情景写真」というジャンルと言ってくださる方もおられ
地元セントレアの他、全国の空港で撮ったスナップもアップしております

撮影機材
Camera
Nikon  D4
Nikon D7100
(Nikon1 V1)
(Nikon D50) 
(Nikon D90)
(Nikon D700)
(NIkon P7000)
Canon EOS 7D Mark II
SONY α6000


Lens
 AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR
 Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED
 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
 (AF-S NIKKOR 600mm f/4G ED VR)
 AF-S DX NIKKOR 16-85mm f/3.5-5.6G ED VR
(1 NIKKOR 10mm f/2.8)
(1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6)
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 

カテゴリ
フリーエリア
にほんブログ村 写真ブログ 乗り物写真へ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
アクセス